カテゴリは3階層になっております!

左端のをクリックすると詳細カテゴリが開きます!
 

商品カテゴリ

 
トップページ»  店長の言いたい放題!»  「店長の言いたい放題!」»  私と音楽 その6(青少年期)

私と音楽 その6(青少年期)

私と音楽 その6(青少年期)

中学1年頃から、洋楽に興味が出始めたのはTVの影響と2歳年上の姉の影響が大きいと思います。前回の日記にも書きましたが、ザ・ヒットパレードなどに当時の流行洋楽を日本語の歌詞でカヴァーした曲を、姉達が口ずさんでいました。ただ、オリジナル(原語)での曲とカヴァーとは何か違う気がしていました。姉は、伊藤ゆかりの「悲しきクラウン」や山下敬二郎の「おおキャロル」、平尾昌晃の「恋の片道切符」などのレコードを買ってポータブルプレーヤーで鳴らしていた。ある日、同級生のN君から「ラジオで9500万人のポピュラーリクエストという番組が有るが知ってるか?」と聞かれたが、私は知らなかった。よく聞くと、海外の音楽を紹介している番組で、米国やヨーロッパの音楽情報(トップチャートなど)やリスナーのリクエストはがきで毎週のランク付け、日本のカヴァーとは問題にならないと、N君は絶賛した。早速、我が家に有ったトランジスターラジオで、夜8時からの放送を聞く事にした。午後8時、放送が始まった。「小島正雄の9500万人のポピュラーリクエスト」、小島正雄さんが「司会の小島正雄です。」から始まり、今週のリクエスト総数○○枚で、何故か第21位から発表(?)であった。番組途中で米国ビルボード誌やキャッシュボックス誌のチャート発表や新譜レコードの紹介など音楽情報が盛りだくさんの番組だった。ロネッツの「ビーマイベイビー」、クリフリチャードの「ヤングワン」、フォーシーズンの「シェリー」、ガスバッカスの「恋はスバヤク」、ザ・ビーチボーイズ「サーファー・ガール」「リトルホンダ」などのエレキギターを駆使した、サーフィンミュージックやホットロッドミュージックが人気が出ていた。この番組中で紹介された「スクランブラー」と言う曲が誰の演奏で、レコードが現存するのか、ご存知の方はご一報をお願いします。中学から高校にあがった頃、ザ・ベンチャーズの人気が最高潮となり、TVでも「勝ち抜きエレキ合戦」やモンキーダンス大会がよく有りました。その後にザ・ビートルズが出てくるのです。因みに、司会の小島正雄さんは、当時TV番組「11PM」の司会もされていましたが心筋梗塞で54歳の若さで亡くなられました。最近のTV司会者の中で、小島正雄さんのような”ダンディー”な方は見当たりません、残念なことです。後「11PM」の司会は、大橋巨泉に変わりましたが、小島さんの様なダンディーさは無かった。「9500万人・・・・」も番組名が変更となり、自然と聞かなくなりました。続く・・・

2012-09-01 15:17:00

「店長の言いたい放題!」   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.hobbychamp.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/m3964634/EID/231

トラックバック記事一覧